車を所有する人が自分の車を売却するのは、新しい車に買い替えるときや、複数台ある車の台数を減らして整理するとき、また車を手放して車のない生活にするというような場合が考えられます。
では売却した車は、そのあとどうなるのかというと、買取った店がそのまま店頭に中古車として並べるか、もしくはオークションなどを通じて、中古業者が買取って店頭販売するかになります。このように、売却する側は手放すだけですので、できるだけ高く売却したいと考えるわけですが、売却した先では中古車として販売されるという点に注意が必要です。それは何かというと、純正の状態で中古車として並ぶのが大前提であり、カスタムされて姿形が変わってしまった車は、中古車として当たり前の金額では売れないので、買取金額はそれに併せて安くなってしまうということです。
何万円もかけてカスタムした車が安く買いたたかれるのは納得いかないかもしれませんが、中古車として見た場合変に改造した車は事故などで修理の際に改造したのかどうかなど分かりませんから、敬遠されがちです。
唯一それを回避できる方法があります。それは、改造した際に取り外した純正パーツに戻して売却することです。売却前に取り外した改造パーツは、それ単体で売却すれば査定外の売却収入になりますので、大事にとっておきましょう。