自動車を売るためには査定を受ける必要がありますが、少しでも高く売るために事前にしておきたいことがあります。
まず、実車査定を受ける前に一括査定を受けて高く買取をしてくれそうな店を見つけてから、実車査定に臨むのが良いでしょう。
そして、この際に自動車はピカピカにとまではいかずとも軽くでも汚れを落としておくことが重要です。
また、外装だけでなく内装も同じように最低限の清掃をしておく必要があります。

これをしたからといって、査定額が上がるとは限りませんが、しなかった場合のデメリットのほうが大きいためです。
汚れている車というのはまず第一に印象が悪くなりやすく、印象が悪くなってしまうと査定の目が厳しくなってしまう可能性があります。
また、汚れている車というのは扱いもぞんざいであると判断される可能性もあり、そうなってしまうとやはり査定の目が厳しくなり、普通であれば減額にならないような細かな傷などもチェックされて、減額の対象となってし舞うこともあるためです。
車内も同様にあまりに汚れていると、簡単に落とすことが出来る汚れでもどこかに落とすことのできない汚れがあるのではないかと細かくチェックされてしまい、普段なら問題にならないような小さな汚れでも減額対象になってしまう可能性が出てきてしまうためです。