自動車の購入時に様々な付属オプションがありますが、それらは全て使うものではないので人によっては処分してしまうという人も多いのではないでしょうか。
小さなものであればよいのですが、場所をとるようなものであれば使わないのに、残しておくのも邪魔ですよね。
しかし、このように購入した時についてくるものというのは、売却をする際にプラス査定になることもあるだけに余裕が有るのであれば、大切に残しておく方が良いのです。

また、プラス査定にならずとも逆についていたものがないということで、マイナス査定になってしまう可能性もあるだけに、残しておいて損はないのです。
これは後から交換したパーツ類にも言えることで、自動車を利用しているとあちこちのパーツを好みのものに交換をしたりするものですが、その際にはそれまでついていたものを残しておくことにしましょう。
たとえ本来ついていたものよりも、性能の良い物に交換をしたとしても査定の際にそれが正しく評価されるとは限らず、逆に社外品に交換されているため減額になってしまうこともあります。
そのような時に元からついていたパーツが残っていれば、査定が下がること無くむしろふたつのパーツがあることで査定があがることもあるのです。